ryoheiueno_上野椋平.jpg

Profile.

RYOHEI UENO

Born in Shiga Prefecture in 1990

Profession : Graaphic Artist - Graaphic Designer

field : Advertising / Symbol & Logotype / Binding / Editorial / Package / Goods / Web / Illustration

グラフィックアーティスト ・ グラフィックデザイナー

ジャパニーズワールドロックアート / イラストレーション / 広告 / シンボル&ロゴタイプ / 装丁 /

エディトリアル / パッケージ / グッズ / ウェブ

2010年に初出展した二科展デザイン「時間・哀歓」で初入選を果たす。2012年、Jリーグアルビレックス新潟のTシャツデザインコンペにて最優秀賞。累計2,000枚を超える売上枚数の記録に貢献。テレビ東京・特集番組「売れ残らないTシャツを作れ」にて放送。翌年には日本屈指のアーティストが数多く出演する「モンスターバッシュロックフェスティバル 2013」のTシャツデザインコンペにてモンスターバッシュ賞を受賞し大きな話題を呼んだ。2017年には「フジロックフェスティバルorg」のTシャツデザインを手がけ、国内6名に選出され、昨年の2018年には、国内5名に選出される。他にも多数の受賞歴あり。アーティストの一面だけでなく、グラフィックデザイナーとしても幅広く活動。様々な企業やショップ、ブランド、著名人、イベント等の、VI・CI・ブランディングを中心としたデザインを制作・展開し続けている。年鑑書籍・ジャパンクリエイターズ2021掲載。

上野 椋平 | うえの・りょうへい | 1990年 滋賀県生まれ

17歳の頃に1960年代~1970年代の頃に描かれたコンサートポスターに多大なる影響を受け、高校卒業後、美術系専門学校へ。卒業後は、グラフィックデザイナーとして活動。様々なブランドやショップ、イベントなどのアートワークを手がけ、令和元年に日本芸術の新たなジャンル"ジャパニーズワールドロックアート"を創立。2021年、年鑑書籍に選出され、ミュージシャンや著名人からの支持も多く、今後は分野を超えたコラボレーションが生まれることを望まれており、これからの展開が期待されている。

2021年 :年鑑書籍 ジャパンクリエイターズ2021 選出 / 計3ページ掲載

2018年 :FUJI ROCK FESTIBAL ORG 2018 Tシャツデザイン国内ベスト5

2017年 :FUJI ROCK FESTIBAL ORG 2017 Tシャツデザイン国内ベスト6

2013年 :MONSTER baSH 2013 Tシャツデザインコンテスト モンスターバッシュ賞

2012年 :新日本プロレスリングオフィシャルTシャツデザインコンテスト 最優秀賞

2012年 : Jリーグ アルビレックス新潟オフィシャルTシャツデザインコンテスト 「WE ARE ONE PROJECT」最優秀賞

2013年 :「WE ARE ONE PROJECT」最優秀賞作品 / Tenyテレビ新潟「売れ残らないTシャツデザイン」テレビ東京にて放送

2010年 :第95回二科展デザイン・デザイン部門 入選 / 作品タイトル「時間・哀歓」/ 読売新聞、毎日新聞掲載

2011年 :第95回二科展デザイン展覧会 全国10都市美術館巡会展 / 広島県立美術館 平成23年04月12日 - 04月17日

2011年 :第95回二科展デザイン展覧会 全国10都市美術館巡会展 / 熊本県立美術館 平成23年03月23日 - 04月03日

2011年 :第95回二科展デザイン展覧会 全国10都市美術館巡会展 / 鹿児島県歴史資料センター 平成23年03月10日 - 03月21日

2011年 :第95回二科展デザイン展覧会 全国10都市美術館巡会展 / 福岡市立美術館 平成23年02月15日 - 02月20日

2010年 :第95回二科展デザイン展覧会 全国10都市美術館巡会展 / 愛知県美術館 平成22年12月14日 - 12月19日

2010年 :第95回二科展デザイン展覧会 全国10都市美術館巡会展 / 京都市美術館 平成22年11月27日 - 12月05日

2010年 :第95回二科展デザイン展覧会 全国10都市美術館巡会展 / 21世紀美術館 平成22年11月17日 - 11月24日

2010年 :第95回二科展デザイン展覧会 全国10都市美術館巡会展 / 大阪市立美術館 平成22年11月02日 - 11月14日

2010年 :第95回二科展デザイン展覧会 全国10都市美術館巡会展 / 新潟県民会館 平成22年10月09日 - 10月17日

2010年 :第95回二科展デザイン展覧会 全国10都市美術館巡会展 / 東京国立新美術館 平成22年09月01日 - 09月13日

recordofawards.png
ryoheiueno_上野椋平.jpg

RYOHEI UENO

​INTERVIEW

何故"新たなジャンル"を立ち上げたのか。

アーティスト活動開始から十年が経ったころ、「果たしてこの作品は自分が死んでも残るのか」という疑問を抱くようになり、自分自身の中でこの大きな疑問が収まらなくなりました。「日本人に生まれた意味」「芸術とは」という問題意識から、今まで誰も手を出していない自分だけの世界が必要だと思い、世界的に例のない芸術界の新たな”ジャンル”を築き上げようと思ったことが始まりです。

夢について。

ロックバンドがワールドツアーを行うように、世界各国のアートミュージアムで展示を行うこと。そしていつかサザビーズやクリスティーズのような夢の舞台まで駆け上がりたい。無謀だと思われがちなことも、夢を語ることも、表現することも、伝え続けることも自由。夢は叶うと信じていない人は、絶対に夢を叶えることは出来ない。信じることが出来なければノーチャンス。そのための日々の努力も続けられるはずがない。誰かに笑われても、自分だけは自分の可能性を信じ抜くべきだと思っています。夢を叶えた自分に、会いたい自分に会うために、そんな自分に僕は会いにいく。

ryoheiueno_japaneseworldrockart_logo.png